施設紹介

 ワープ上里は、勤労者の福祉の増進と雇用の安定を目的として雇用・能力開発機構と上里町が合同で建設した勤労者福祉施設です。
 平成4年3月に着工。約1年をかけて完成し、平成5年4月にオープンしました。建物の東側には上里町立図書館・郷土資料館が、北側には上里町出土文化財管理センターがあり文化複合ゾーンを形成し上里町の文化発信基地となっています。平成16年に
雇用・能力開発機構より譲渡を受け平成16年4月1日より町の施設となり名称が上里町勤労者総合文化センター(ワープ上里)となり上里町の文化施設となりました。また、平成27年4月1日より名称が上里町総合文化センター(ワープ上里)となりました。

多目的ホール
 ワープ上里のメインとなる施設多目的の多目的ホールは、電動可動式客席352席と取り外し式客席148席の合計500席の観客席と舞台を持っています。客席がある状態では音楽や演劇、講演会など客席を収納した状態ではダンスや軽運動等が開催出来ます。ステージ寸法は間口13,09メートル、高さ5メートル、奥行7,4メートルとなっています。ホール専用控室は舞台下手側にあり化粧台、洗面台、冷蔵庫を備えています。

多目的ホール


会議室
 
会議室は1階の会議室と2階の研修会議室の2部屋があり会議室は、ホワイトボードを備え付けていて20名〜30名での会議が出来ます。(ロールスクリーンの貸出も出来ます。)会議室の机は、利用者の方が会議式や学校式等目的に合わせてレイアウトいただけます。(利用終了時は原状復帰をお願いします。)研修会議室は円卓になっており少人数での研修会議等に利用出来ます。1階の会議室はFTTH(光)回線を引いていますのでLAN端子のついたパソコンがあれば高速インターネットに接続出来ます。(1階会議室の蛍光灯はLEDランプを使用しています。)

 会議室        研修会議室


教養文化室
 教養文化室は和室で33畳あります。また水屋も備えていてお茶会の開催も出来ます。(中央に間仕切りがあり2部屋に分割することも出来ます。)

 教養文化室


工芸実習室
 工芸実習室は工作机と水道等があり各種講習等に利用出来ます。また、簡単な調理も可能です。
 工芸実習室

情報展示コーナー
 ワープ及び周辺の施設で催されるイベントや公共施設の案内等、様々な情報の提供をしています。また催し物開催時には展示場所として使用可能です。